まじか、ぷぎゃーなワロタンゴ

内覧会での具体的

写真

多くの場合、内覧会には分譲主や施工会社が同行します。室内に入るとまずは、この人 たちから設備の説明などがなされます。それが終了したら、いよいよ確認。 内覧会での確認後、異常があったところや疑問に思ったところがあったら、すべてスタ ッフに伝え、どのように補修されるかの確認を行ってください。補修が正しくなされたか どうかは、再内覧会という形で確認できるはずです。

写真

再内覧会の注意点としては、前回の内覧会で指摘した補修部分の確認だけでなく、もう 一度全体を見てキズやヨゴレがないか、確認する必要があるということです。補修工事に よって人が出入りし、新たにキズやヨゴレが発生している場合もあるからです。もし新た な異常を発見したり、指摘していた箇所が直っていなかったら、遠慮なくまたスタッフに 伝えて、再度確認の日を設けましょう。これは購入者の権利ですので、何度でもかまいません。 内覧会でチェックするべき 項目というのは、本当にたくさんあります。最近では、最後の最後で見落としがあっては いけないということで、プロに同行してもらいたいという方も増えてきました。重要ポィントの見落としリスクを回避できるだけでなく、プロに依頼することで、専門的なアドバ イスを受けられるといったメリットもあるからでしょう。